今回は株式会社第一広房さまのインタビューをお届けします。

 

株式会社第一広房さまは、サイン業として創業以来、時代の流れと共に事業を拡張。現在はディスプレイ、インテリア業にも手を広げ、全てを自社内制作で取り組まれています。

2018年秋、本社の移転に伴い、パーテーション工事から内装仕上げ工事・オフィス家具等の施工に至るまで、弊社にご依頼いただきました。

 

お答えくださったのはこちらの御三方です!

○代表取締役 吉野さま ○業務推進室室長 林さま ○スペースクリエイト局局長 山崎さま

 

 

― 本社移転おめでとうございます!今回の工事は、両社が共通してお世話になっている方のご紹介がきっかけで実現しました。
まずは、紹介とはいえ、このような大規模かつ重要な”本社移転工事”を弊社に任せていただいた決め手は何だったのでしょうか?

 

(吉野さま)第一の決め手は、紹介してくれた知人から話を聞いて、思い描いていた内容が実現できそうだったことです。
発注に踏み切った決め手は、担当していただいた細貝さんの人柄の良さと、コストなどベストに近い条件を提示して頂いたことですね。

 

 

― 発注いただく前と後(施工期間含む)で、弊社に対するイメージにギャップを感じた点についてお聞かせください。

 

(吉野さま)発注前の打ち合わせには何度も立ち会わせてもらいましたが、その後は山崎が窓口になりましたから、山崎に振りますね(笑)

 

(山崎さま)発注の前と後でのギャップは特に感じませんでした。
残念だった点が一つあるとすれば、打ち合わせの中で変更・追加した部分の立面の施工図が無かったことです。
私が要求していなかったのですが、施工面積も大きくイメージがつきづらいこともあったので、抜けていることに気付いてほしかったですね…
 
反対に、見事だなと思ったのは、パーテーションラボ(細貝さん)と協力業者のオフィス家具商社さんとの連携です。相互の信頼関係が成せる技と感心して見ていました。

 

 
― ありがとうございます。
至らなかった点について、大変ご迷惑おかけして申し訳ありません。今後改善に努めてまいります。

 

 

 

社員のモチベーションが向上して、仕事の質が高まることを期待しています 

 

― 本社移転の前後で何か変わった点などがありましたら、お話をお聞かせください。

 

(吉野さま)移転からあまり時間が経っていないので希望を込めてですが、移転前は4フロアーに分割されていたオフィスが、1フロアーになった事で可視化できるようになったので、部署間のコミュニケーションが改善されることを期待しています。

また、今回の移転工事によって社員のモチベーションが上がれば、生産性の向上や質の高い仕事につながり、お客様への還元にもなると考えているので、その点でも期待しています。

 

(山崎さま)施工して頂いたパーテーションは、デザインの評判が良いんです。床から天井までの一枚のガラスパーテーションはデザイン性が高くて、カッコイイですよね!

 

(林さま)移転間もなく不慣れな事ばかりで…(汗)
ですが、素敵なデザインのオフィスになったと感じています!

 

※スライディングウォールを利用することで、用途に合わせて部屋の大きさを四段階に変えることのできる会議室 

 

 

― 今後、弊社に期待する事をお聞かせください。

 

(山崎さま)協業が出来たら面白いと思います。例えばパーテーションラボさんの施工図面の3Dパースを第一広房がハイクオリティパースとしてお手伝いするとか。

 

(吉野さま)協業、いいですね!お互いに質の高い仕事を目指せる関係になる事を望みます。

ところで、インタビュアーの小林さんと当社の山崎は歳が近そうなので今後もお互い仲良くしてもらえたら嬉しいですね。(笑)

 

 

― 第一広房さんとしての今後の展望をお聞かせください。

 

(吉野さま)展望としては、社員間・部署間など、社内の血流を良くすることです。
その結果が、「より良いサービス」「より良い納品」につながり、会社を一つにするのだと考えています。
今後も、私達の成長の在り方に合わせて、仕掛けを施していこうと考えています。

 

 

― 本日は長い時間インタビューにお答えいただき有難う御座いました。

 

 

編集後記

吉野社長の「働く環境づくり」に積極的な姿勢に、第一工房さまのスマートでありながら力強い社風のヒミツが垣間見えたように思います。明るさと歴史の深さがミックスされた素敵な企業です。
吉野社長、林さん、山崎さんありがとうございました!

 

パーテーションの施工などオフィスの一新をお考えの際は、規模の大小にかかわらず、ぜひ下記の連絡先までお気軽にご相談ください。
パーテーションラボ担当者が、お客様に合ったレイアウトや製品、方法などをご提案いたします。 
 

 

パーテーションラボ
https://www.partition-lab.jp/

フリーダイヤル:0120-020-720
E-mailmail@ipic.jp 
 

または、「オンライン専用フォーム」からも受け付けております。