施工情報

○ 埼玉県某社さま

○ 工場利用従業員数:約70名

○ リサイクル加工

○ 工場内の休憩室・冷房室(2部屋)

○ ファクトリーブース

○ 工場内に、約25㎡のファクトリーブースと約24㎡の冷房室を施工させていただきました

 

既存のものではサイズが合わなかったので、パーテーションを選びました

 

― 今回のパーテーション設置の経緯を教えてください

仕事内容の変化で、工場内の引越しや設備・ラインの変更で、まずは冷房室*が必要になりました。
それから、仕事量の増加に伴って人が増えていることもあり、このタイミングで休憩室も一緒にお願いしました。

休憩室を作ったり環境を整備することで、従業員に対してもそうですが、取引先の会社さんに(弊社と同業の他社とを比較したとき、)「いいな」と思ってもらえる要素になればいいなと思っています。

 

*ボンベと回収機の保管室=冷却が必要

 

 

― 従業員の方が増えていらっしゃるんですね。確かに、70名いると休憩室が欲しくなるかもしれませんね。
 
実は、休憩室自体は今も事務所の上の階にあります。
ただ、15分ほどの休憩で(工場からは少し距離がある)事務所まで戻ってくるのは大変なので、改めて工場内に設置しました。

 

 

― 導入にあたって重視していた点やパーテーションを選んだ理由などお聞かせください。
 
金額とサイズの自由度です。
中古のコンテナなども検討しましたがどうしても汚くなるし、何より望んだ大きさ(寸法)のものは、既存製品には無いので、今回はパーテーションで希望した大きさの個室を作ってもらいました。

パネルカラーもいろいろあったので悩みましたが、工場に急にビビットなカラーを入れるのはハードルが高くてやめてしまいました。
出来上がってみるとやっぱり汚れが目立つかなという心配もあるし、中間色があれば選びやすかったですね……。

 

 

― パーテーションと言うと、多くの方のイメージはオフィスなどの間仕切りやローパーテーションかと思いますが、工場にパーテーションが建てられるというのはご存知でしたか?
 
見たことがあったので知っていました。
パーテーションのようなもので部屋を作っているのはメーカーさんに多いイメージがあるので、ちょっと憧れもありました

 

 
 

会社の環境改善で定着率が上がりました

 

― 世の中の声や、労働人口の減少などの状況、法整備などで、働き方の変化などが話題に上ることが多いですが、最近の工場の労働環境などについて、何か変化していると実感されることはありますか?

人が雇いにくくなっていることは感じます。
人を募集すると、50歳以上の方の応募が多くなっていたり、かといって派遣も、(能力に対して)金額が上がっている印象があります。

 

 

― そんな中でも人が増えているというのは、会社の体制の改善が効果を上げているということでしょうか?
 
人数の増加は、単純に募集人数を増やした結果かなと思いますが、何か言えるとすれば、定着率は上がりました

 

完全週休2日制になったり、朝礼も残業として給与の計算をするようになったり、社内の体制はずいぶん変わってきたと思います。
それ以外に、今回のパーテーションの導入もそうですが、設備もいろいろと変わって、例えばラインを改造して、これまで(負担の掛かる)中腰で行っていた作業が、立ったまま出来るようになったりしています。

 

待遇もそうですが、文字通りの「働く環境」まで、さまざまな面からの労働環境の改善を進めています

 
 

― 今回の工事で満足している点・残念だった点をお聞かせください。
 
見た目が綺麗に仕上がったので良かったです!

パーテーションラボに対して残念というわけではありませんが、今回は電気工事を自社の取引先の業者さんにお願いしたので、それぞれに自分で依頼・調整するのが大変でした。 

 

 

 

※ パーテーション設置後、エアカーテンが設置される予定だそうです

 

工場に「ファクトリーブース」を導入して、環境の改善を!

最大の強みはサイズの自由度

今回のお客様は、これまでに目にしたことがあるとのことでしたが、一般に「工場にパーテーションを建てる」というイメージはお持ちでない方も多いかと思います。
「ファクトリーブース」は、天井付きの施工型パーテーションです。
そのため、例えば工場や倉庫内など、天井の高い建物に対しても設置することが可能です。

 

また、今回お話いただいたように、各工場・現場に合わせたオーダーメイドですので、小さなものから大きなものまで自由な大きさ・形で、デッドスペースを活用することも可能です。
もちろん、パーテーションの強みである「解体・再施工」が可能ですので、ラインの移設などにも対応ができます

 

広がる「ファクトリーブース」の新たな使い方

これまで「ファクトリーブース」は、工場内・倉庫内の倉庫のような使用方法を目的にお求めいただく方が多数でしたが、最近では熱中症対策などを目的にした休憩室の需要など、これまでとは違った使い方に注目が集まっています。

 

 

昨今は夏の暑さがますます厳しく、個人での熱中症対策が追いつかないほどです。

この度のお客様にお話いただいたように、休憩室は設けているものの、作業スペースからは遠い位置にありなかなか活用しきれていないという方も多くいらっしゃるかと思います。

厳しい夏を乗り越えるためにも、ぜひパーテーションを活用して、気軽に利用できる休憩室を作ってみませんか?

 

 

ファクトリーブースなら、『パーテーションラボ』へ! 

 
パーテーションラボでは、お客様のご希望を伺いながら、最適なパーテーションをご提供いたします。
パーテーションをご検討の方は、下記の連絡先まで、どうぞお気軽にご相談ください。
 
また、実物を見ることでイメージが湧いたり、イメージが固まるお客様もいらっしゃいますので、ぜひ一度、ショールームにもお越しください。

その他の工場・倉庫(ファクトリーブース)施工事例はこちら

 
 
ショールームは『秋葉原駅』から徒歩6分!!
お気軽にお越しください。
※ 予約制ですので、【お電話(フリーダイヤル)】または【下記のフォーム】 からご連絡ください。
 

 パーテーションラボ
https://www.partition-lab.jp/

フリーダイヤル:0120-020-720
E-mailmail@ipic.jp 
 

または、「オンライン専用フォーム」からも受け付けております。