インタビュー訪問はアスリートのトレーニングサポートから、トレーニング施設の監修まで手がけておられます Athlete Development Edge 合同会社 さまです。

アスリート専用のトレーニング施設の設立にあたって、当社でパーテーション工事をご依頼いただきました。

アルミパーテーションのブラックフレームに、ガラスをふんだんに使った華やかな仕上がりとなりましたが、完成に至るまでの道のりやこだわりを、代表様にお話いただきました。

 

――― この度はパーテーションラボにご依頼いただきまして、ありがとうございます。

かなりかっこいい仕上がりですが、最初から「パーテーションで作ろう」というイメージをお持ちでしたか?

はい、最初からパーテーションを検討していました。パーテーション自体は海外のデザイナーズのサイトや写真を見て知っていたのですが、今回はガラス張りにしたいと思っていたので、パーテーションを考えました。

 

 

――― 弊社へのご発注の決め手は何だったのでしょうか?

ショールームで実物が見られるということが大きかったです。
他で関わっていても、こういった施設を自分たちで作るというのは私たちも初めてのことだったので、実物を見てみなければイメージとリンクさせるのが難しくて。……あとは担当の仙波さんです!(笑)

 

――― 仙波ですか!?(笑)

いろいろ細かく説明していただいたのもそうですし、実際ショールームでいろいろ物を見て……ほんと仙波さんです。(笑)

 

 

――― かなり広い範囲で施工させていただきましたが、お部屋のレイアウトのイメージは最初からありましたか?

大体ありました。柱に合わせて部屋のレイアウトを決めざるを得ないという所もあったので。ただ、変則的な造りをしている所は相談させてもらいました。
相談の結果、扉を付けなかった部屋があるのですが、意外と使い勝手が良くて、逆に良かったかもしれないです。(笑)

 

 

――― 全体を黒にしようというのは、最初から決めていらっしゃったのでしょうか?

はい。そこが先で、「黒いもので何が出来るか」と。
アスリート専用のトレーニング施設なので、力強さのイメージにしたくて、内装全体を黒と決めていました。なので、それに合う形のパーテーションにしようと考えていて。

実は建物自体は元々白い倉庫だったのですが、カラーは「白と黒と赤」と決めていたので、全部後から色を塗っているんです。壁も全部塗装で…

 

 

――― それはすごいですね! これ程かっこいい空間に仕上がった理由は、ここまでこだわって色を揃えたところにありそうです。

細かく色をそろえていくのは大事かも知れません。
意外と黒って他の建具も無くて、トイレやドアひとつ取っても、黒を探すのは大変でした。なので、パーテーションラボさんではすぐに黒が見つかって良かったです。

本当は電気のスイッチやエアコンも黒にしたかったんですけどね。塗ると故障したときに修理してもらえないので(笑)

 

 

――― 確かに、それは困ってしまいますね(笑)
次に、施工後数ヶ月が経ちましたが、「ここがもっとこうだったら良かったな」などは、ありますか?

…………特に無いですね、かなり満足しています!
……強いて言えば、掃除くらいです。(笑)

 

 

――― こういうデザイン、(アメリカンチックな)雰囲気をイメージできるセンスというのは、海外でのご経験で培われたのでしょうか?

11年アメリカに居て、いろんな施設を訪れているので、意識しなくとも影響を受けていると思います。

向こうは建物や内装、家具一つでも、どんなデザインにして“どういう風に惹きつけるか”ということを大切にしているので、その考え方は根付いているんだと思います。

 

僕がいたのは大学のアメリカンフットボールのチームだったんですが、日本のプロより規模が大きいんです。

アメリカの大学で一番大きなスタジアムを持っている所なのですが、約11万人入るスタジアムで、(日本の)国立競技場よりも大きい。

でも、プロと違って選手にお給料が出るわけではないので、収入は大学に入ってくるわけです。それがどこで還元されるかというと、こういった施設などにどんどん投資がされていく。

極端な話、コーチが変われば建物も全部変わるくらいに、コーチのイメージするものをバンバン作っていくわけです。

大学としては強化の一環として、“いかに優秀な高校生を引っ張ってくるか”が大事なので、その子たちが入ったとき、「ウワァ」と圧倒される施設であることが重要なんです。

 

 

――― なるほど!かなり興味深い慣習ですね。
それでは今回、ADEさまが改めて自社でトレーニング施設を持とうと思った理由は何だったのでしょうか?

今までは学生を中心にトレーニングをしていたのですが、プロに行く選手や、卒業してからもトレーニングしたいという選手の受け皿が無かったので、じゃあ作っちゃおう、というところです。

 

 

――― それでは、そういった選手の今後の活躍も楽しみですね!
最後に今回のパーテーション施工
で一番満足している所と、御社の今後の展望をお聞かせください。

パーテーションについては、イメージ通りに作っていただいたことが一番大きいのかな、と思います。

展望としては、まずはここを上手く使い切りたいですね。
ただ、一般の方向けではないので、“広く周知して”というよりは、“知る人ぞ知る”、という場所になれば良いなと思います。

 

  

――― 私たちもADEさまの成功を願っております。本日は貴重なお時間ありがとうございました!

 

 

編集後記

ADEさまの、トレーニング施設に対する熱い想いが伺えるインタビューとなりました。
また、仕上がったパーテーションを気に入っていただいている様子が拝見できて、私たちも大変嬉しくなりました。

ADEさま、お忙しい中、ご協力本当にありがとうございました!

 

今回、ADEさまはある程度イメージを持った上でご依頼くださいましたが、ショールームで実物を見ていただきながら打ち合わせができたことで、イメージの共有ができ、仕上がりに満足していただける結果に繋がったように思います。
実際、実物を見ることでイメージが固まるお客様は数多くいらっしゃいます。

パーテーションを検討されている方は、是非一度弊社ショールームにお越しください!

 

フィットネスクラブのパーテーションも、『パーテーションラボ』へ! 

パーテーションラボでは、ご希望や優先事項など、お客様のお話を伺いながら、最適な製品ををご提供いたします。
パーテーションや喫煙ブースをご検討の方は、下記の連絡先まで、どうぞお気軽にご相談ください。
 
デザインなど、実物を見ることでイメージが湧いたり、イメージが固まるお客様もいらっしゃいますので、ぜひ一度、ショールームにもお越しください。※ 予約制ですので、【お電話(フリーダイヤル)】または【下記のフォーム】 からご連絡ください。
 

 パーテーションラボ
https://www.partition-lab.jp/

フリーダイヤル:0120-020-720

「オンライン専用フォーム」からも受け付けております。

パーテーションラボショールーム

最新ワークスタイルを提案するメーカー直営のショールーム「パーテーションラボ」。デザイン性の高いパーテーションを使用した受付エントランスや会議室など、「用途別の最新オフィス空間」を体験できます。