<施工情報>

 

株式会社ボンドバンド

○会議室

「コーディネート型アルミパーティション」Varie(ヴァリエ)シリーズ

アルミフレームライトメタル(シルバー系)+カラーパネル

 

 

 

「Bondband = 『絆を拡げる』ソフトウェアの制作を」

 

 2014年6月設立の株式会社ボンドバンド様は、WEB・オープン系システム開発、WEBコンテンツ制作、iPhone/Androidアプリ開発を業務内容としています。システムエンジニアリングにおけるヒューマンリソースの提供、インターネットソフトウェアの開発、また、スマートフォン、タブレット、ウェアラブルウェアのアプリケーション、コンテンツを提供をサービスに、ユーザーの利用価値に着目し、楽しく、簡単に末永く使っていただけるものを志し、開発努力していらっしゃいます。

この度、新オフィス間仕切りをパーテーションラボにご依頼いただき、会議室の設計施工を承らせていただきました。

工事完了後、お多忙な中ではありましたが、代表取締役の森岡様が快くインタビューの機会をご提供下さいました。

 

森岡様のBLOGはコチラ↓

ボンドバンド社長の日々徒然

 

 

 

 

 

選べる豊富なカラーパネルから、コーポレートカラーのオレンジのパネルをセレクト!

 

 1. 「PARTITION LABサイトを閲覧して、いろいろ調べることができました。

 

「私個人の引っ越しのこともありまして、通勤アクセスの利便性を求めて、本社オフィスの移転をいたしました。以前は、お台場SOHOのシェアオフィスでした。移転先のこちらは意外と広いじゃないかということで・・・。じゃあ、会議室用としてもう1部屋作ろうと、パーテーションラボさんに間仕切りをお願いいたしました。WEBで「パーテーション」で検索しまして、パーテーションラボのサイトを見つけました。サイトのコンテンツを見ていろいろ閲覧したところ、いいんじゃないかと。すぐに現調に来てもらいました。」

 

「こんなレイアウトを考えているが可能か?」
「要望通りにやったらどの位のコストがかかる?」
「今から始めて月末に間に合うか?」
「よくわからないので、デザインやレイアウトを含め、すべて提案してほしい」

こんなご相談をお待ちしております。お電話でもおおよその価格や納期はご案内できます。ご相談にあたり平面図などの図面がなくてもまったく問題ありません。

  • まずはフリーダイアル(0120-020-720)か、オンライン専用フォームからご連絡ください。
  • 希望されるレイアウトやデザインイメージ、納期やご予算があればお知らせください。
  • 移転や大幅なレイアウト変更に関して「どういった手順で進めればよいか?」「何を準備しておけばよいか」などお気軽にご相談ください。
  • 「具体的に検討したいので、オフィスのレイアウト図面が欲しい」などのご要望も歓迎いたします。
  • 秋葉原ショールーム及びライブオフィスの見学予約も歓迎いたします。

 

 

2.「とにかく、対応がスピーディーでした

 

「パーテーションラボの他にも数社とも話をしましたが、とある他社さんは、担当者がすべて1人で、パッパッといい加減・・・というわけではないのでしょうが、何となく不安でした。現調の図面もいただきましたが間違いも多くて。パーテーションラボさんは、打ち合わせから現地調査と、とにかくスピーディーな対応で、専属の担当営業さんのコーディネートの元に各専門の方々が動いてくれました。費用面からも、最終的に決定となりました。

 

 パーテーションラボは、パーティション専門メーカーとして、専任担当が、知見と経験に基づきスピード対応!

お客様のご要望をお伺いし、最適なご提案を差し上げます。

 

  • 移転元から移転先も無料で現地調査を行います。
  • カタログや素材サンプルを用いてご説明します。オフィスデザインやレイアウトについてお客様のイメージをより具体化します。
  • 現地では防災、空調、電気、設備(非常口・トイレ)、導線など各種状況を確認します。
  • 必要に応じて、ビル管理会社様との協議や確認作業も実施いたします。
  • パーテーションラボは責任施工を実施。自社の現場代理人、および専属の職人により、工事全てを当社で監理、施工します。
  • 現場の施工の職人に対し、お客様への礼儀や挨拶を厳しく徹底しております。
  • コンプライアンスを遵守し、安全面に配慮して施工いたします。
  • 廃棄物を極力出さない、リサイクルを想定した素材選定など、環境面への配慮を欠かしません。

 

 

3.「コーポレートカラーのオレンジにしようかと。

 

「会議室ということで、当初は全部クモリガラスガラスにしようかと考えていたのですが、空調を考慮したランマに関しての提案をはじめ、デザインアクセントとなるカラーパネルとも組み合わせができるということを聞きました。それじゃあ、コーポレートカラーのオレンジをアクセントに、オフィス家具ともコーディネートをとなりました。これだけでもだいぶ明るい雰囲気となり、印象的なオフィスの内装デザインとなりましたね。リモートワークやクライアント先での勤務が多い弊社ですが、弊社が掲げる「ワークライフバランス」の一環として、オフィスに出社しても心地の良さもありながら、集中して業務に取り組める環境として、社員のためになればと・・・。多様な働き方がスタンダードとなり、人材を確保するためにも、変化する従業員のメンタリティやワークスタイルに考慮しなければならないと思います。「若い人は・・・」とか「昔は・・・」と言ったところでしょうがないですから。一方で、参加意識やチームの一員といった帰属意識も忘れてほしくない。経営者としては、「働く環境作り」も意識して、魅力的な会社作り、オフィスも従業員満足度に貢献できるような環境や仕様を。そう考えています。

 

 

 

 パーテーションラボ人気の『コーディネート型アルミパーテーション』は、業界トップクラスの「12種類もの標準カラーバリエーション」のパネルをラインナップしています。お客様のコーポレートカラーも承りますのでお気軽にご相談下さい。

 

 

パネルカラーバリエーション

 

  • 工事が終わり次第、お客様と共に内覧を行います。
  • 仕様や仕上がり、傷・破損の有無など図面に沿って丁寧に確認していきます。
  • 問題なければお引渡し、不具合等あれば改修を行ないます。
  • 破損や傷の修理、パーテーションの移動などお気軽にご用命ください。
  • パーテーションの廃棄、移転転用などもサポートしております。
  • オフィス家具の追加導入、増床や新拠点立ち上げなど、併せてご相談ください。

※基本フローの一例です。状況により異なる場合があります。予めご了承ください。

⇒詳細はパーテーションラボ、ご利用ガイド

 

 

リモートワークが多い企業にこそ!

「帰属意識」を高めることに寄与する、コーポレートカラーをオフィスのデザインに。

パーテーションラボの「Varie(ヴァリエ)」シリーズ

 

 テレワークやサテライトオフィスへのシフトが進んだとしても、セントラルオフィスの役割が失われることはありません。企業の「シンボル」としてオフィスが存在することで、企業価値や理念の共有や、カスタマーへのプレゼンテーションの一環として、ブランディングの一環としての価値は、加速する情報化社会において、社員の会社に対するエンゲージメントの創出にも、またステークホルダーや顕在潜在顧客へ向けて、オフィスはプロモーションツールとして大きく寄与する時代です。

 

詳細はコチラ

 

 

【担当営業より】

 複数のパーテーション施工業者の中から当社のパーテーションラボをお選びいただき誠にありがとうございました。滞りなく工事終了となり安心いたしました。プログラミングなどPCでのデスクワークの業務において、コーポレートカラーの明るいオレンジが視覚的にも、スパイスとなり気分にも作用することと思います。社長BLOGやSNSもシェアささせていただきます。パーテーションラボのFacebook/Instagramとも併せて、今後とも是非よろしくお願いいたします。

 

 

 


お問い合わせ/お見積はコチラ

 

 

オフィスの間仕切りは『パーテーションラボ』へ! 

 
パーテーションラボでは、お客様のご希望を伺いながら、最適なパーテーションをご提供いたします。

 

 

 

パーテーションをご検討の方は、下記の連絡先まで、どうぞお気軽にご相談ください。また、実物を見ることでイメージが湧いたり、イメージが固まるお客様もいらっしゃいますので、ぜひ一度、ショールームにもお越しください。
 

 


 

ショールームは『秋葉原駅』から徒歩6分!!
お気軽にお越しください。
※ 予約制ですので、フリーダイヤルまたはWEBお問い合わせからご連絡ください。
 

 PARTITION LAB(パーテーションラボ)
https://www.partition-lab.jp/

フリーダイヤル:0120-020-720
WEBお問い合わせからも受け付けております。