オフィスの移転は本当に必要か

オフィスの移転を考える時は、人員を増員する予定がある、大幅な組織改革を行う、またはなんとなくごちゃごちゃしていて仕事の効率が悪く感じるため広くしたいなど理由はさまざまです。しかし、オフィスを移転するとなると、かなりの費用がかかります。 費用以外にもお客さまに移転のお知らせをしたり、名刺を刷り直したり、社員に支払われる通勤費を新たに計算したりなど、さまざまな事務処理が必要になります。さらに都合の良いオフィスが見つかる可能性や労力を考えると、移転することをためらってしまうこともあるでしょう。 実は、わざわざ経費や手間をかけて移転をしなくても、間仕切りを使用することで今使用しているオフィスを使いやすくすることが可能です。 間仕切りというと簡素なイメージを持つ方も多いですが、デザインによってはおしゃれになって社員のやる気を引き出すことにつながったり、お客さまからのイメージも良くなったりします。素材や色もたくさんあり、商品や業種に合わせた間仕切りを選ぶことが可能です。 また、目的に合わせて雰囲気を変えることもできます。例えば受付では、お客さまの第一印象を保つために落ち着きのあるハイセンスな間仕切りを使用したデザインが人気ですが、セミナールームなら収容人数を踏まえてプロジェクターなどの機器が利用できるデザインが必要とされます。 このように間仕切りは実用的であるだけでなく、雰囲気やイメージを作ることもできるようになっています。

間仕切りでゾーニングや動線を考慮しながらイメージを変える

今利用しているオフィスも間仕切りをうまく利用すれば、移転しなくても増員や組織改革などに十分対応させることが可能です。そのためにはまず、動線やゾーニングを見直すことからはじめましょう。その際、働く人がオフィスをどのように使っているのかはとても重要です。 例えば、入力作業が多かったりコールセンターのような個人で行う業務が多かったりする場合と、打ち合わせなどが多くチームで行う業務が多い場合とではゾーニングは違ってきます。 また、年齢層や性別、お客さまがどのくらいの頻度で訪れるのかによっても異なります。基本的にゾーニングは、関連性の高いスペースをまとめ間仕切りをするとうまくいきます。 来客の際は、会議室まで誘導しやすくする必要があり、この時通常の業務を行っている社員との位置関係も適切であることが求められます。オフィス内の通路を動線と呼びますが、ストレスなく業務を行うには動線の状態も考慮するべきです。 メインの動線であれば、人がぶつからないような幅などを確保する必要があります。そのためにはもっと広いところへ移転する方法もありますが、移転しなくても無駄を省くことにより、増員の場合のスペースを確保する方法もあります。 使用しやすさ以外にイメージや雰囲気を変えるために間仕切りを設計することもありますが、最近では企業の知的財産のためのオフィスデザインを考える企業も増えています。その場合は、お客さまに真摯に向きあうことや、社会に貢献するといった企業理念をイメージさせるオフィスにすることが多くなっています。 組織の中でなにか変化がある時には、すぐに移転を考えるよりも今あるオフィスで対応はできないのかということから考えるのも一つの方法です。

さまざまある素材を選ぶ時のポイント

現在、間仕切りはさまざまな種類があり、それをどのように組み合わせるかによって移転することなくオフィスのイメージを作り上げることができます。選ぶ方法は多岐にわたりますが、まずは用途で選ぶという方法があります。 この場合はその場所にピッタリの素材を選ぶことになるので、使い勝手は良くなりますが斬新なイメージなどは感じづらくなります。例えば、コールセンターならば隣の声が聞こえないように防音性の高いタイプを利用することが求められます。 また、応接室ならば何人くらいでのミーティングで、落ち着いた雰囲気で行うのか、またはどんどん意見が言い合えるような活発な空間にするのかを決めることで素材にも違いが出てきます。 種類で選ぶという方法もあります。アルミの間仕切りなら加工しやすいのでどのような場所にも対応でき、また安価なので気軽に利用できます。ガラス素材はオフィス全体が明るくなり、開放感があふれるので、隠し事のないクリーンな印象を与えます。スライドドアは体が不自由な方でも安心です。 最近では壁をホワイトボードとして利用できるタイプもあり、お客さまを招いての打ち合わせなどで利用すると、最先端の印象を持ってもらえます。 このほかオフィスのイメージをどのようにしたいのかで選ぶことも可能です。 間仕切りには素材だけでなく色もさまざまあるので、イメージがしっかりできあがっている場合にはこの方法が適しています。ラグジュアリーなイメージならば、木目調を利用して高級感あふれる間仕切りがおすすめです。 女性的な雰囲気にしたいのならば、白を基調にしたデザインやガラス素材でおしゃれな印象にすると良いでしょう。このように素材の選び方もいろいろあります。

パーティションラボショールーム秋葉原駅より徒歩6分

最新ワークスタイルを提案するメーカー直営のショールーム「パーテーションラボ」。デザイン性の高いパーテーションを使用した受付エントランスや会議室など、「用途別の最新オフィス空間」を体験できます。