親御さん目線で、保育園を選ぶ際に重要な要素は「通いやすさ」や「延長保育の有無」など数多く存在しますが、見過ごされがちなのが「トイレやシャワールーム設備」です。

トイレは子供たちが日常的に利用する場所であり、衛生面や排せつ教育の観点から見ても非常に重要な役割を果たしています。ここでは、トイレ環境の改装が人気の保育園にどのような貢献をするかについてお伝えしていきたいと思います。

 

1.保育園や託児所におけるトイレ、「衛生面」

 まず、衛生面においてトイレは最も気を付けるべきポイントです。

保育園でのトイレ設備の良し悪しは、トイレトレーニングの進行や子供たちのトイレ環境に対する快適さに影響を及ぼします。清潔で整備されたトイレ環境は、子供たちが排泄の過程を気持ちよく行うことができるようサポートします。手洗い場や手洗い用具も充実していれば、衛生意識を育むことができます。

トイレ設備が古く汚れていたり、手洗い場が不十分だったりする場合、子供たちのトイレトレーニングや衛生習慣の形成にネガティブな影響を与える可能性があります。そのため、保育園経営者はトイレ環境の充実と清潔さを重要な要素として考えるべきです。

また、子供たちは免疫力がまだ十分に発達していないため、清潔な環境が不可欠です。清潔なトイレ環境は感染症の予防につながり、子供たちの健康を守る役割を果たします。親御さんたちは子供が清潔な環境でトイレを利用できるかどうかを気にされていますので、トイレの改装による衛生面の向上は、保育園の魅力を高めるポイントとなるでしょう。

子供たちが楽しく過ごせるカラフルな壁紙や、可愛らしいデザインの便座カバーなどを取り入れることで、トイレ空間自体が魅力的になります。

 

2.保育園における、「排泄自立支援」

 さらに、排せつ教育の面でもトイレは重要な役割を果たします。

子供がオムツを完全に卒業する前の2~3歳前後からトイレトレーニングを始めるタイミングは、多くの保護者が悩むことです。保育園でのトイレ設備の良し悪しは、トイレトレーニングの進行や成功に影響を与えることがあります。

 

3.保育園における、「洋式と和式の違い」が子供たちに与える影響

 洋式と和式の違いも子供たちに与える影響が存在します。

保育園での洋式と和式の違いは、家庭での習慣やトイレトレーニングの進行状況によっても影響を受けます。保育園でのトイレトレーニングが進行中で、子供たちが特定のトイレスタイルに慣れている場合、そのスタイルに合った「トイトレ設備」が提供されることがまずは望ましいです。

 

4.保育園における、「トイレトレーニング(トイトレ)」

 「トイレトレーニング(トイトレ)」は、オムツを使用していた子供たちが大人と同じようにトイレで排泄を行う能力を身につけるプロセスです。

このトレーニングは、子供の心身の状態が適した時に排泄の自立をサポートするものであり、強制的なものではありません。年齢やスピードよりも、子供の適切な状態に合わせて行うべきものです。トイレトレーニングは子供の成長段階に合わせて進めるサポートの過程であることを、心に留めておくべきです。

低い位置に取り付けられた便座や、子供が手洗いしやすい高さの洗面台を設置することで、子供たちが自分で行動できる環境が整えられます。

 

5.保育園のウェブサイトやパンフレットなどで、トイレ環境の改装にも取り組んでいることを積極的にアピールしている

 親御さんたちは、子供たちを安心して預けられる、安全で快適な環境の保育園を選びたいと考えています。

トイレやシャワーブースの環境も情報として提供していることは、保育園の魅力を高め、人気を集めている面もあるはずです。

親御さん視点から考えると、トイレの重要性は決して小さくありません。衛生面の向上と排せつ教育のサポートを通じて、保育園選びの要素としてトイレ環境を活用することで、子供たちとその家族にとって魅力的な場所となることができます。

元気いっぱいの園のプロジェクトを通じて、子供たちの成長と幸せをサポートする保育園に出会えることを願ってやみません。

 

園児・幼児に大人気のリラックマ幼児用トイレブースの設置工事業者は、メーカー直販のパーテーションラボにお任せ。幼稚園や保育園、小児科クリニックで大好評のパーテーションラボ限定仕様。子どもたちがトイレ好きになれる可愛らしいデザインが魅力。お気軽にお問い合わせ下さい。

幼稚園選びの中でのトイレの重要性