ガラスパーテーションはキレイで魅力的なアイテム

パーテーションとは、オフィスなどの空間を仕切るために使われる仕切り壁のことで、アルミ素材やスチール素材などいろいろな素材があります。 その中でもガラスパーテーションは透明感がありデザイン性が高く、オフィスのデザイン性を重視する場合におすすめです。
オフィスの一角をガラスパーテーションで区切ると、スチールやアルミにはないスタイリッシュでモダンなイメージになります。
 

また、ガラスパーテーションのメリットは、区切られた空間の中にいても外の様子を見渡せるということが挙げられます。場所が狭くて圧迫感を与えたくない時にもぴったりです。

機能性とデザイン性を兼ね備えた空間が欲しいけれど、機密性は確保したいという場合には、半透明のすりガラスを使ったパーテーションを使うのも良い方法です。
ガラスと他の素材やカラーと組み合わせることも自由にできるので、あらゆるオフィスデザインに対応することができます。
 

近年の企業のオフィスは、機能性だけでなくデザイン性やコンセプト面などあらゆる方面から考慮して作られるようになっています。
もはやオフィスはただ単に仕事をこなす場所というだけではなく、社員同士のコミュニケーションを円滑にする場、社員が心地よく過ごせる場など様々な役割を担っています。

オフィス空間は、メリハリやアクセントをつけることで雰囲気ががらりと変わります。パーテーションはそんな時に無くてはならないアイテムと言えるでしょう。ガラスパーテーションは見た目がキレイなだけでなく、デザイン面でも機能性でも多くのメリットがある、魅力的なアイテムです。
 

ガラスパーテーションと他の素材との比較

ガラスパーテーションはキレイでデザイン性や開放感を重視したい場合におすすめですが、他のパーテーションについても見ておくと選択する時の参考になります。
 

アルミのパーテーションは軽量のフレームを採用しており、加工しやすく丈夫で短期間で施工できる面と低価格が人気の素材です。 コストパフォーマンスの良さと手軽に設置できる点で、最も一般的に使用されている素材となっています。
オフィスや学校、店舗、病院など幅広い場所で使用されていることが特徴です。
他にもアルミのパーテーションのメリットは、デザインのバリエーションが豊富であることも挙げられます。
 

スチール製のパーテーションはその素材が持つ重厚な雰囲気が特徴で、高級感のある空間作りに適しています。
重く重量のある素材なので、防音性が高く交通量や人通りが多い街中のオフィスに使用したり、会議室や応接室に使用したりすることができます。
また高い不燃性も持ち合わせているので、防災面を重視するオフィス作りにも適したパーテーションです。
スチールのパーテーションはパネルの継ぎ目が目立たないので、スッキリとしたモダンな印象のオフィスになります。
 

このように素材によってそれぞれの特徴が異なるため、オフィスのコンセプトに合わせて選ぶようにします。
さらにガラスパーテーションと他の素材を組み合わせることで様々なテイストも表現することができます。
例えば高級感のあるラグジュアリーな空間を作りたい場合は、キレイなガラスパーテーションと木目の素材などを組み合わせるのがおすすめです。モダンな印象にしたい場合はガラスとスチール素材、明るくポップな空間はガラスとカラーのパーテーションを組み合わせるなど、柔軟に空間のレイアウトを考えることができます。
 

キレイで機能的なガラスパーテーションに関する豆知識

ガラスパーテーションはキレイな空間を作るのに欠かせませんが、実際に設置したい場合はまず、パーテーション専門業者に問い合わせをします。
問い合わせは電話やオンラインの専用フォームから連絡をすることが一般的です。そこで希望のイメージやデザイン、予算や納期について伝えておくとよりスムーズに作業が進みます。
 

その後、実際に施工したい箇所を確認するために現地調査に来てもらいます。
現地調査では防災や空調、電機や設備などを含めて確認が行われます。 次に施工したい空間のデザインやコンセプトを担当者やデザイナーが立案します。その際にオフィスの平面図などを作成してもらうとイメージがつきやすいでしょう。
 

施工する空間のデザインやイメージをどのようにしたらいいか、いいアイデアが浮かばないという場合はデザイナーにお任せすることもできますが、ショールームの見学をしてデザインや素材に対しての理解を深めるのも良い方法です。

ショールームにはオフィス空間の例が用途別に展示してあり、いくつものパーテーションの素材がそろっていることが多く、パーテーションの素材や質感、色なども確認することができるので、打ち合わせの時に役に立ちます。
ショールームを訪れればカタログを見て発注したけれど、思っていたイメージと違っていたという問題も避けることができますし、新たな気づきや発見があるので具体的なイメージがさらに膨らみます。
さらに専門のスタッフから説明を受けることも可能です。
 

空間のデザインや費用などが具体的に決まったら契約をします。施工が始まり、終了後、引き渡しまでが一連の工程です。引き渡し後も、破損や汚れについて相談できるアフターサポートを受けられるところもあるので、設置後も安心です。