オフィスでの使用方法ごとに異なるパーテーションの選び方

オフィス内でのエリアの区分けや個人のデスク間のプライバシー確保のためにも間仕切りとしての壁は有効です。
 

そこでオススメなのが、間仕切りとなる板、パーテーションを立てることです。大仰な工事を必要とせず、より簡単にオフィス内でのレイアウトを整えることができます。後で変更をすることも容易ですし、何より手間がかかりません。
レイアウトを変更する際に用いられるパーテーションには様々なタイプがあり、高さや材質などはそれぞれ異なります。
 

ハイパーテーションやローパーテーション、レールに沿って移動をすることができるものなどラインナップも豊富で、使用用途ごとに適切なタイプは異なってきます。購入して設置をする際には、選び方についてよく把握しておき、使用用途や目的に合わせて最良のものを選ぶようにしましょう。

また、種類によっては設置をするために専門業者の手を借りる必要があります。「どんな効果がほしい」など、あらかじめオフィスレイアウトの希望があれば、簡単な図などを描いておけば、専門の業者に相談する際に、より具体的なアドバイスを貰うことができます。

部屋を分ける仕切りとして使用する場合

床から天井まで届く高さのものはハイパーテーションと呼ばれ、ワンルームのオフィスでもハイパーテーションで完全に仕切ることによって一つの部屋を作り出すことができます。
ドアなども設置可能ですので受付や接客エリア、機密エリアなど、しっかりとしたエリア分けに適しています。

 
素材や上部に隙間を設けるかによって気密性や空調なども自由に設定できるので、オフィス内を改装するよりも安く仕上がるというメリットがあります。 選び方としては低価格でコスト重視の場合はアルミ製のものを、遮音性やセキュリティなどを重視する場合にはスチール製のものを選ぶと良いでしょう。
 

また、ガラス製だと室内の圧迫感が軽減され、広く感じられます。採光の面でも優れていますのでスペースに限りがある場所にパーテーションを設置する際にはおすすめです。
ハイパーテーションは設置する際に床から天井まで完全にボードを立てる性質上、オーダーメイドで販売業者の方に設置をおまかせするタイプのものも多いので、あらかじめ自分の希望を明確にしておくと、打ち合わせの際、業者から、希望に沿った製品を具体的に提案してもらうことができます。
パーテーションは、カラーも豊富ですので、カラーリングやデザインにも気を配ると、より効果を発揮するでしょう。
 

カラーリングは思っている以上に社員の心に影響を与え、モチベーションが向上したりチームワークが生まれやすくなったりします。
「カラーコーディネーター」という職種があるように、色の影響は大きなものなので、よく考慮をすることが大切です。
せっかくパーテーションを導入する機会ですから、フロアの間を仕切る間仕切りとしてだけでなく、オフィス全体の活力を向上させるものとして導入を考えるようにしましょう。

プライバシーの管理などその他の用途として使用する場合

ローパーテーションには様々な種類があり、通信販売などでもよく売られている汎用性の高いものです。特徴としてユニット式のものが多く、いろいろな大きさがあるため柔軟にオフィスのレイアウトを行うことができます。高さや素材によって様々な選び方ができることも特徴の一つです。
 

ローパーテーションは高さごとに分類されています。
一つ目はシーティングプライバシーで、高さ110cmまでのタイプであり、座って作業をしている場合は手元を隠すことが可能です。
 
二つ目はスタンディングプライバシーで、120cmから140cmほどのタイプです。座っているときにプライバシーを確保しつつも、立ち上がって見渡せば視界が開けます。
 
三つ目は高さ150cm以上のハイプライバシーで、周囲から完全に隔離された状態となるため高いプライバシーを確保することができます。
 

 
主にハイプライバシーはエリア間の区分けに用い、その他二つはデスクの周りにおいて個人のプライバシーを確保する目的で使用されます。ハイプライバシーはドアパネルと組み合わせることによって簡易的な会議スペースや接客スペースとしても役立ちます。
 
ほぼ完全に区分けすることができますので、ハイパーテーションの代わりとして使用することもできます。デ スク用として使用される2種類はレイアウト変更も短時間で行うことが可能なので、オフィス内の模様替えやオフィス移転の際に設置や撤去が簡単に済むというメリットがあります。
 

通信販売で売られているパーテーションは衝立としての機能を果たしますが、ボード間の連結などはあまり考えられていないこともあるので、きちんとレイアウトに合わせたものを購入したい場合は、専門の業者から購入することをおすすめします。
 
各現場にピッタリのレイアウトや、それに必要な製品の提案という段階があるため、ワンクリックとは行きませんが、専門業者なら図面があれば必要なパーテーションの数や種類を判断し見積もりを出してくれるので、レイアウトを決める際に相談すると便利です。
 
レイアウトによっては長い区間にボードを立てる際、倒れないように安定脚を取り付ける必要があります。
ローパーテーションは、各メーカーによって、対応の安定脚も、安定脚の必要個数も違います。
特に通信販売を利用して購入する際は、注意しましょう。