今回は、スチールパーテーションとアルミパーテーションを組み合わせた、シンプルでオシャレなオフィスをご紹介いたします。
 
ご依頼の際、既にあったという、製品や色のこだわりについて、お客様にお話を伺いました!
 

 
【施工情報】
○ 東京都・千代田区
○ 物件面積 約80㎡
○ パーテーションの部屋面積 約35㎡(執務室)・約10㎡(会議室)

○ アルミパーテーション・スチールパーテーションの組み合わせ

 
 

TVモニターに合わせてパーテーションを設置しました

 

この度は、パーテーションラボをご利用いただきましてありがとうございました。

担当営業に対して、かなり具体的な希望を伝えていただきながら、部屋を作り上げていったそうですが、「こんなスペースにしたい」など最初の希望は何だったのでしょうか?

 

仕切りを壁のようにしたかったんです。
パーテーションですが、フレームが出るのは嫌で、なるべく平らに出来る「スチールパーテーション」でお願いしました。
 
それから、なるべく明るい雰囲気にしたかったので、ガラスと白をメインで作っていただきました。
ただ、外から全て見えてしまうのは嫌だったので、ガラスは「すりガラス」に、あとはあまり白ばかりを使うと全体がぼやけてしまうので、黒を入れました。

 

 

なるほど、製品種類から色まで、かなり具体的にイメージがおありだったのですね!

 

たとえば、パーテーションに壁掛けで設置するためのTVモニターを施工前に用意してしまっていたので、それに合わせて入り口の黒いパネル部分の幅を決めたりしました。
廊下に面した部屋なので、入り口のガラス部分からモニターの背面が透けて見えるのは嫌だなと思って…。
 
そういうところで、要望が具体的になったという所もあります。
…その節は、いろいろとワガママを聞いていただいてありがとうございました(笑)

 

※ 設置のTVモニター。「廊下(部屋の外)からの様子」(左)と「モニターの様子」(右)
廊下からはもちろん見えませんが、高さも色も合わせたことで、部屋の中にあっても、
パッと見るとモニターがあることに気づかないほど馴染んでいます!

 

音の問題か消防機器の増設か

 

いえいえ、担当営業も「楽しい仕事だった」と話していましたよ!
要望が具体的だったのは、既に決まっていることが多くて、パーテーションを合わせていく必要があったからなのですね。
それでは、施工完了から3ヶ月ほど経って、「こうすればよかった」など、後悔しているところ・気になるところはありますか?

 

パーテーションに関して「こうすればよかった」というところは特に無いです。
 
あとは……部屋の構造上仕方がないのですが、一枚の窓を分断する形で二つの部屋を分割したので、窓の部分が塞げなくて、執務室と会議室で会話が聞こえてしまうのが残念です。
それができれば完璧でした!

 


※ 「窓際のおさまり」(左)と「ランマ部分」(右)
今回は元々テナントに設置されているブラインドの形などから、 “コストや手間を抑えられて、見た目にも綺麗な「窓の手前で止める形」” で
パーテーションを施工させていただきました。

お客様のご要望次第では、窓に合わせてギリギリまで塞いだり、パーテーションをクランクさせて窓をかわすなど、様々な方法をご提案をいたします。

 

窓ガラスを跨いでパーテーションを設置した場合、窓ガラスの部分(サッシの部分)の扱いをどうするのか、いくつか方法があるのですが、何を選ぶかは担当もお客様も悩むポイントで…。
今回は、パーテーションを窓の手前で止めているので、部屋同士の仕切り(スチールパーテーション)の上部(ランマ部分)にガラスを入れていても、どうしても音が通ってしまうのですね。

 

そうなんです…。
でも元々、消防機器を増設できなかった関係でエントランス側など、上部(ランマ)を開けているので、音は防ぎきれなかったかな、と思います。

 
…あ!このアクリルカウンターもお願いしたものです。
通常のものだと、電話を横置きにしかできないということだったのですが、どうしても縦に置きたくて、このタイプを探してきていただきました。

 

 

担当も半円のタイプのアクリルカウンターは初めて使ったと話していました(笑)

 

 

お気に入りは壁のようなスチールパーテーション

 

― それでは最後に、今回の施工で一番満足しているところはどこでしょうか?

 

やっぱり最初の希望の通り、壁のようになったスチールパーテーションが気に入っています。

最初、「スチールパーテーションは施工の日程的に間に合わないので出来ない」と言われてしまって、一度は諦めたんです。
でもその後何とか調整してくれたみたいで、結果的にスチールパーテーションで施工をしてもらえたので、本当に良かったです。

 

 

なるほど!お客様にこういった質問をすると、『存在感のあるブラックのパーテーション』と答えられることが多いので、珍しいです。造作壁のように平らに、すっきりしているところを気に入っていただけたのですね。

お忙しい中インタビューのご協力ありがとうございました!

 

編集後記
具体的な要望にも、抽象的な要望にも対応いたします!

 

今回のお客様は、パーテーションに設置したいものや、作りたい部屋のイメージを先にお持ちでしたので、その希望に合わせてパーテーションを施工していきました。
 
例えば、『モニターの大きさに合わせたパネルを作る』ことや『スチールパーテーションとアルミパーテーションを繋ぐ』など、お客様のご希望に合わせて柔軟に対応ができるのは、豊富な製品種類やデザインのパーテーションをご用意している弊社のメリットです!

 
 
もちろん「とりあえず部屋を作りたい」「かっこいい感じにしたい」など、明確な希望がない場合にも、担当がご希望を引き出し、具体的なご提案をしながら、また「梁が多くて設置は難しそう…」などお悩みの場合にも、実現可能な方法をご提示し、最適なパーテーションを提供いたします!

 

 
パーテーションの施工をお考えの際は、ぜひ下記の連絡先までお気軽にご相談ください。

 

パーテーションラボ
https://www.partition-lab.jp/

フリーダイヤル:0120-020-720
E-mailmail@ipic.jp 
 

または、「オンライン専用フォーム」からも受け付けております。