造作壁とパーテーションの違い

壁は建物の中でも面積が広い部分です。そのため、壁のイメージがその空間のイメージを決めるといっても過言ではありません。これは店舗、オフィス、工場など、どの空間でも同じです。
 
壁は建築当初から作るものがあり、この場合には壁は構造と関連することも多く、安易に排除することはできません。 
一方、建築後リフォームやレイアウト変更という形で作る壁もあります。

 
建築後作る壁としては造作壁が挙げられ、頑丈さやデザイン性の高さなどが人気です。
特に重厚なデザインに対応できるのが造作壁の魅力ですが、建築後設置する壁の中では設置方法は複雑な部類に入ります。
造作壁は工期が長い傾向があり、一定期間休業が必要となることもあります。
 
素材や形状によってかかる費用には大きな違いが生じます。
手軽に作ることが出来る壁としてはパーテーションが挙げられます。
パーテーションは設置方法が簡単ということが特徴です。一般的に設置が簡単な方が解体方法もシンプルになります。
 
以前は簡易な仕切りというイメージが持たれがちなパーテーションでしたが、そのデザイン性は大きく向上しています。
最近のパーテーションは色や素材感も多様で、さまざまな空間にマッチするものが存在します。
中でも可視性に優れるガラスタイプやロータイプは、開放感のある壁として便利です。ドアと壁を兼ねるものとしてスライドドアタイプやスライドタイプもラインナップされており、可動することから利便性の高い商品です。

 
最近はオフィス内でも個人用のスペースを作ることが多く、小さな個室を何室も作るようなオフィスデザインの場合は、造作壁では対応しにくいものです。
パーテーションは設置が簡単で、低コストで済むといった特徴を持つので、個人用のスペースを作る際には大きなメリットが得られます。

 

原状回復作業で分かるパーテーションの優位性

賃貸物件に壁を設置した場合には、明け渡すときに原状回復をしなければなりません。造作壁もパーテーションも原状回復の義務があります。原状回復の作業では天井から壁、床に至るまで借りたときの状態に戻します。照明器具なども取り外します。

 
造作壁は設置に工程が多い分、解体をする際にも多くの工程が含まれます。天井や床に及ぼす影響も大きいので、造作壁の原状回復には日数を要します。また造作壁の解体の最も大きなデメリットは音です。非常に大きな音が出るので、商業施設や複数のオフィスが入るテナントなどでは営業時間に工事をすることは難しくなります。どの時間帯に工事をするとしても、近隣への挨拶が必要です。
 
造作壁の解体方法では壁の部分は完全に破壊してしまうので、解体後は多くの廃材が出ます。廃材の処理は法律で定められており、廃棄費用がかかります。多くの人は解体費を節約したいと考えるものですが、解体費用を節約しすぎると不法投棄の心配も出てきます。

 
パーテーションは設置方法も解体方法も工程が少ないことが特徴です。壁の大きさによっては工期が1日だけということもあり得ます。また解体したパーテーションは再利用することができます。
廃材の処理費用がかからないうえに、次のレイアウトでももう一度使えるという利点があり、一旦閉店して他で開店したりするときには、経費が大幅に節約できます。また、再利用できるということは環境問題の面でも意義のあることです。

 

機能面でも解体面でもパーテーションはお得

造作壁は材質がもたらす雰囲気に魅力があります。
水回りに近い部分でよく使われる水に強い材質の壁や、火気に対して比較的強い材質もあります。ただし、火気に関しては表面材質だけでは危険なことも多いので、不燃性の材質を慎重に検討しなければなりません。
 

パーテーションといえばコストのよいアルミ性の商品を連想する人も多いでしょう。アルミ製は軽量なうえに低コストで、見た目も美しいという魅力があります。しかし、パーテーションも最近は機能が多様化しています。スチール製の商品なら高級感が格段にアップしますし、不燃性にも優れています。遮音性の高いタイプもあるので、単なる間仕切り以上の機能が期待できます。

 
造作壁も設置に時間や技術が必要な壁です。設置に時間がかかる壁は往々にして解体にも時間がかかります。模造壁の場合も解体時にはたくさんの廃材が出ます。造作壁の解体作業は主に打ち壊す作業になるので大きな音が出ます。そのため、商業施設やオフィスビルなどでは深夜に作業することもあります。
 
パーテーションの解体方法は主に取り外しの作業になります。そのため、多少の音は出ますが造作壁とは比べ物になりません。オフィスビルや商業施設などでも日中の作業が可能ですし、工期も短いので工事費も安くなるのが魅力です。
解体方法の複雑さと費用、廃材処理のことを考えると、パーテーションはとても優れた壁だといえます。