造作壁とパーテーションのどちらがいいのか

オフィスで間仕切りを行う際に注意しなければいけない点がいくつかあります。比較的に簡単に設置が可能なパーテーションもあれば、素材や施工方法により大きく特徴や費用が変わってくる「造作壁」もあります。

パーテーションと造作壁と、どちらを利用するか迷う方もいるでしょう。造作壁とは、パーテーションとは違いしっかりとした壁を新たに作ると解釈すると分かりやすいかもしれません。そのため、遮音性が非常に高いのが特徴で、音が伝わらないような空間を作りたいときなどに適しています。自由に設計することができるので、その企業に合ったデザインで作り上げることができます。しかし内装デザインに分類されるので、リフォームのような工事が必要になります。

ただし前述した通り、素材や施工方法で色々と特徴や費用が変わってくるので注意が必要です。 例えば最終仕上げに使われる素材によってコストが変わってきます。

 

<種類>
・タイル施工
・グラフィックシート施工
・カラーガラス施工
・塗装施工
・クロス(壁紙)施工

 

比較的にコストを押さえて施工できるクロスから、コストは高いがデザインを自由に設計し高級感を押し出すことができるタイル施工など、様々な仕上げ素材が存在します。 建物の主要構造ではなく後付の壁になりますが、一度設置したら自由に移動ができる施工ではないので、目的や用途をしっかりと考え、予め計画を立てて施工する必要がありますので気をつけましょう。

パーテーションは状況に合わせてタイプを選べる

複数の工程が必要な造作壁とは違い、パーテーションは空間を低コストで手軽に作れます。例えばアルミタイプの素材はとても軽くて、なおかつパネルがしっかり固定されます。そのため空間を作りやすいというメリットがあります。 短期間で空間を作りたい場合に適していて、シンプルな構造のため値段も手ごろな価格です。非常にたくさんのカラーが販売されていますので、いろいろな色を組み合わせて自由に空間を作ることができます。形もサイズも多くの種類があり、理想の空間作りが可能になります。

スライドタイプ

スライドタイプも人気があります。これはその名の通りパネルがスライドするタイプなので、自由にパネルを動かすことができます。その仕組みは、天井と床にレールが設置されていて、上下のレールの間にパネルがはまっているようになっています。あとは使用用途に合わせて空間を作るためにパネルをレールに沿って動かせば、空間を自由に設計できます。部屋の形や広さに合わせて作ることができるのがスライドタイプの特徴です。

ロータイプ

ロータイプは手ごろに施工できる簡単なタイプで、仕事をする際に適した空間を作ることができます。一人ひとりのディスクを仕切ることもできますし、グループごとに仕切って話し合いがスムーズにできる空間も作れます。最近は業務の効率を高めるために導入する企業が増えてきました。直角やL字、T字、十字などの連結部品があるので、さまざまな場所で使えます。吸音性に優れているだけでなく、吸放湿性や断熱性にも優れています。

ガラスタイプ

ガラスタイプの場合、仕切りを作っているものの解放感もあるので独立性がありながら視界的には窮屈感を与えることがありません。ガラスタイプはそのまま使うことで広い空間があるように解放感を与えるほか、別のタイプのパネルを組み合わせることで自由なデザインを楽しむことができます。限られた空間の中で仕切りを作りたいけれど、パネルの圧迫感はない方がいいという場合、ガラスタイプと他のタイプを組み合わせることで理想の空間を作り出すことができます。 ガラスタイプのメリットは、周囲の視線が気になりつつも話し合いの場として独立しているので、仕事に対する程よい緊張感を保つことができる点です。また、喫煙室に使う場合は、ガラスタイプにすることで外からたばこを吸っている様子が窺えます。結果的に長時間業務から離れることができませんので、業務に支障をきたすことを減らせます。

スライドドアタイプ

バリアフリーの一つとして注目されているのがスライドドアタイプです。仕組みはスライドタイプと同様ですが、ドア状になっているものです。作りは頑丈でありながらスライド式なので開け閉めがとても楽で、年配の方や体が不自由な方はもちろんのこと、力の弱い子供でもドアを簡単にスライドすることができます。オフィスだけでなく病院などの施設でも取り入れるところが増えてきました。 他のパーテーションと組み合わせることもできるので、用途に合わせて取り入れてみてはいかがでしょうか。スライド式なので床の部分にレールがありません。そのため、レールにつまずいて転んでけがをするというトラブルを防ぐことができますし、車いすを利用している方でもスムーズに出入りできます。